テーマ:温故知新

【第27問】

 今日は週に1度の復習問題の日です。  ルールと正解の基準は今まで通りです。 以下の空欄を選択肢からえらびなさい。 理解を深める為に良く見ると知識無くても正解できる仕組みにしてあるので気兼ねなくチャレンジしてくださいね! * * * * * * * * * * * * * * * *   * * * * * *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第26問】

 今日の問題は銀河の分類法についてです。  ルールは例によって、いつもと同様です。 〔問1〕  エドウィン・ハッブルが形態によって、銀河を分類しました。この分類法の名前を答えなさい。  (これは現在でも、最もポピュラーな分類法です。) 〔問2〕  銀河を大別すると7つになります。 それらの名前をすべて答えなさい。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【第25問】

 今回は、土星観測衛星『カッシーニ』とタイタンに降り立った『ホイヘンス』に関する問題です。  いつものように過去に書いた内容からの出題で復習の意味も込めて行います。  よって、このBLOGで取り上げた内容が優先的な回答となります。  しかし、新たな新事実が発見された場合。修正も検討しているので、万が一、そのような展開になった場合は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第24問】

 今日の出題は、『太陽風』(2007-05-01)からの問題です。  例によって、過去の記事に書いた内容が優先的な正解となりますが。  ただし、新しい事実により。変更にお気づきな方のご指摘は、助かりますので(情報源込みで)気兼ねなく書き込みください。 【第24問】 以下の空欄((あ))〜((さ))を以下の選択肢から選びなさい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【23問】

・以下の(a)〜(d)の空欄を埋めなさい。 (今回は自力で答えてもらいます。) 正解は過去の記事に書いてあるものを優先します。 ギリシア神話を知る上では、神々の系譜を知ることが、混乱しなくてよいと思います。 依って、あらゆるギリシア神話の中心的な存在を生み出した頂点といっても過言ではない『大地の女神ガイア』に焦点を合わせてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第22問】

以下の空欄を以下の選択肢から選び、答えよ。 答え合わせは[続きを読む]に保存。 【炭素の特徴】 ・他の元素と結合できる腕が(a)ある。  だから多様性の高い分子を作ることができる。 ・結合が適度に安定しているので、タンパク質や脂質のような長い分子を作ることができる。 ・(b)、(c)、(d)、(e)と結合した分子は水の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第21問】

【第21問】 以下の空欄(あ)と(い)を選択肢から選びなさい。 人間の耳は(あ)Hz〜20KHzの範囲の音を聞きとることが出来るとされています。  つまり、 波長の単元単位1Hzの場合では、1秒間に(い)回の振動が繰り返されていることになります。 例えば、 解りやすく、極端な言い方をすると。 救急車のサイレンの『ピー』と『ポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第20問】

【第20問】 空欄(あ)を埋めなさい。 高度、(あ)kmの宇宙空間で無重力体験し、タッチして下りてくることを「サブオービタル飛行」という。 その空間を一定時間経験すると民間宇宙飛行士と認定される。 よろしかったら、一票入れてください。 ↓↓↓↓ 人気blogランキングへ (出典) サブオービタルビジネスの概要。200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第19問】

今回の問題は、光の二つの性質の名称を答えてもらいます。 最近の例に習って、興味を持って貰うために、予備知識無しでも解けるようになっています。 学校卒業して、大分経っているアダルト達こそ、トライしてみよう! 勿論、若い人もどうぞ。 【第19問】 次の(あ)〜(い)を選択肢の中から選び出しなさい。 選択肢は、問題の後にあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第18問】

本日は、過去二日分の関連記事からの主題です。 問題の内容は、地球が出来るまでの過程についてです。 各問いの文中の空欄に入る語を三択で選びなさい。 答え合わせは、まとめて最後の問題の後で確認出来ます。 この問題の答えは、過去に書いた記事の内容を正解とさせていただきます。 〔問1〕 恒星である太陽を中心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第17問】

【第17問】 今回は、過去の記事から、関連のある豪華二本立てで出題します。 以下の(a)〜(h)を選択肢の中から選び出し、解いてみよう。 選択肢は、〔問1〕、〔問2〕で共通して使用します。 〔問1〕土星の特徴。 (1)太陽から314.3億kmの距離にある。 (2)自転周期は、(a)時間47分06秒。 (3)太陽系の惑…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【第16問】(選択肢問題)

以下の(あ)〜(き)にあてはまる単語を下記の中から選択しなさい。 ビッグバン以来から、人類による有史がはじまって、現在までを一年で表すと。 人類の歴史は瞬き程しかありません。 以下は、それを一年間のタイムテーブルで記したものです。 《宇宙カレンダー》 【01月01日】 (あ)により、宇宙誕生。 【05月01日】 銀河系誕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第15問】

今までは、過去の記事をそのまま穴埋めして解答する問題でした。 そろそろ設定をかえて、微妙に文章や問いかけ方をかえた設問も取り入れた問題をすることで、理解度を深めるとしましょう。 最初は、優しい問題から。 アタック・チャ〜ンス!! 【第15問】 〈特徴1〉 宇宙から見て、はじめて認識される光景の一つです。目玉のように見えるそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第14問】

こんばんはー! 今日は豪華二本立てです。 なるべく、みなさんが興味を持てそうなものを選んでみました。 今回の問題は、ある土星の衛星にまつわる復習です。 答えは例によって、いつも通り! 問題の下に出てきますが、まずは自力でチャレンジ! このblogの過去記事からの出題なので、過去に書いている内容が優先的な答えとします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第13問】

【第13問】 以下の(あ)〜(う)の空欄を埋めなさい。 ↓↓↓↓↓ 衛星軌道上の人口衛星は、地上に対して、水平に秒速8Kmで周回することによって、地球の引力と太陽等の他の天体の引力のバランスが保たれている。 ↑↑↑↑↑ これを(あ)といいます。 現在、数千個もの人工衛星が、軌道上にあるとされています。 把握されている数だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第12問】

下記の(ア)〜(キ)の空欄を答えなさい。 (ア)は惑星大気の最も外側の希薄な層である。 惑星間物質とも混じり合っている。 この領域では、物質密度が非常に低く、原子間の衝突はほとんど起きない。 そして、急激に運動する原子は惑星の(イ)から逃れることができる。 地球の(ア)外気圏は、高度(ウ)の辺りからはじまる。 【注意】 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第11問】

【第11問】世界の宇宙開発機構。 下記の(ア)〜(キ)の空欄を答えなさい。 アメリカのNASA。 日本のJAXA。 欧州のESA。 ロシアのロシア航空宇宙局。 などのメジャーどころのほかにもいくつか各国が独自に行っている機関ががあります。 以下に記載します。 [1] 仏の(ア)。 [2] 英の(イ)。 [3]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第10問】&星野参上!

【ティタン十二神】 英語でティターンまたはタイタンとも言う。 1912年に処女航海で沈没した(ア)の名前もここから由来しています。 天空を司る神、『(イ)』と大地を司る神、『ガイア』の間にできた十二の神。 (1)『(ウ)』 人間にあたるところの長男であり、争いを好まない。 (2)『コイオス』 詳細不明。 (3)『クレイオス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第9問】

【第9問】 原子の構造は、まず、(ア)というものが中心にあります。 (ア)とは、(イ)と(ウ)という素粒子で構成されています。 注意=水素は(ウ)一つだけの(ア)からできている。 その、(ア)のまわりを幾つかの(エ)が回っています。 (エ)は原子よりも更に小さい物質の最小体である素粒子の一つです。 【注意】 この問題に関しては、過…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【第9問】

(土星では、) (ア)と(イ)がFリングの形を刻々と変化させる様子からこの二つは(ウ)と呼ばれている。 【注意】 この問題に関しては、過去に書いた記事の内容の中で触れたものを優先的な答えとします。 答え合わせは下です。 答え合わせ。 (ア) プロメテウス (イ) パンドラ (ウ) 羊飼い衛星
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第八問】

【第八問;電波の使い道。】 次の(ア)〜(ケ)の単語を答えなさい。 電波とは? 手っ取り早くいうと、(ア)GHz以下の周波数の電磁波です。 電波法によって、決められた用途が定められていて、これを守らないと罰則があります。 周波数などについては、以前書いた12月7日の波長と周波数って何ですか?にも最後にリンク貼って、その中に周波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第七問;原始惑星の誕生。】

【第七問;原始惑星の誕生。】 星が生まれる際には、(ア)や(イ)が集まって、渦を巻きます。 その渦の中心に(ア)と(イ)が凝縮されて太陽に代表される(ウ)と呼ばれる大きな星が生まれます。 その(ウ)。太陽系で言うなら太陽ですが。この太陽を中心に更に渦の外側では、(ア)やら惑星のもとになる(エ)などの衝突などで互いに熱を帯びてくっつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ(siete.)。

【第六問】 過去の記事。コレ、なに座?から。 黄道12星座のひとつ。 もとはさそり座のつめの部分と見られていたが、後に独立。 正義の女神(ア)が善悪を裁くために使ったとされる(イ)をあらわした星座。 この(イ)の持ち主は、西隣りにある乙女座とも言われている。 だから、乙女座を正義の女神(ア)の姿として見ることになる。 《アタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直感力と記憶力とひらめきと・・・。

今日からは、惑星フムフム土星編のリングと衛星についてやるはずだったのですが、初めての元日でもう少し親しみを持って貰う内容にしようと思います。 先程、これからの抱負を述べた後ですし、ちょうど今日は毎週月曜日にやっている唯一の定番企画である問題の答え合わせの日なので、これとは別に今までの成果発表とこのblogの理解度をアピールするよい機会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ(seis)。

【問題6】 マサチューセッツ工科大で医学を学び国際宇宙大学(ISU)を共同設立したピーター・ディアマンテス氏は民間会社が参入する事によって宇宙飛行のコストが大幅に下がり、宇宙観光が一般にも可能になると考えて1996年に1000万ドルの賞金をかけた宇宙レース(ア)を発表した。 彼がインスパイアされたのは1920年代の航空機レース(イ)で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ(cinco)。

【問題5】 (1);宇宙は(ア)と(イ)が高密度に圧縮され高温の状態からなりたっていました。(ウ)という大爆発により、宇宙空間が誕生します。 (2);(ウ)直後の宇宙は大爆破により、一気に膨張していき、冷え始めます。そして、最初の三分間で水素とヘリウムといった軽い元素ができます。 それから、永い年月、宇宙空間は水素とヘリウムで構成され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ(cuatro)。

【問題4】 (ア)付近が地球の大気の出発点である。 では、そこで発生した雲はどこへ行くのでしょうか? (ア)付近で発生した雲は雨が降った後。 水分を失った大気は軽くなり、かわいた風となって南北の緯度(イ)度付近に吹き降ろします。 この循環の力は、太陽の熱の影響に比例して他の地域とは比較にならないほど強力なものです。 その、吹き降ろさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ(tres)。

【問題3】 原子は(ア)、(イ)、(ウ)の三つの素粒子から構成されている。(ア)と(イ)で構成されている(エ)は、原子の中心に位置している。 水素のように(ア)が一つしかなく、その周りを一つの(ウ)が一つの軌道で廻っているものも存在するが、一個の原子の中の(ア)(イ)(ウ)は同じ数だけ存在する。 【注意】 この問題に関しては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答え合わせ。2(dos)

【問題2】 太陽系の八つの惑星の中で、地球と同じ(1)、(2)が衝突して形成されている岩石の惑星は他に(3)、(4)、(5)の三つです。 【注意】 この問題に関しては、過去に書いた記事の内容の中で触れたものを優先的な答えとします。 (1)と(2)は順不同可。 (3)?(5)も順不同可。 答えは、この下スクロール。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more