テーマ:ブログ内辞書(た行;順不同)

チャールズ・リンドバーグ

 今日は、チャールズ・リンドバーグが、世界で初めて無着陸、単独飛行で大西洋を横断した(飛び立った)日です。  日付をまたいだ偉業です。  いきなりですが。世の中にはドラマチックな展開を呼ぶ人とそうでない人がいるのです。  ヘラクレスの選択というと、大袈裟かもしれませんが・・・。  (詳細は、下記のリンクへ。)    ちなみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

(光の)ドップラー効果

ドップラー効果は、音にもあります。 まず、それから説明した方が理解出来る人が多いと思います。 音のドップラー効果の場合は、よく救急車のサイレンに例えられます。 それは遠くから聞こえてくる音は(ピーとポーの部分)間隔が長く聞こえますが近づくにつれて間隔が狭まり、短く(速く)聞こえる性質を持っています。 また、救急車が遠ざかると音の間隔が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電磁誘導のしくみ。

ファラデーの法則とも言われている。 昔、ファラデーという科学者が行った実験から発見された事から名付けられました。 グルグル巻いたコイル状の銅線の輪の間に磁石をピストンのように上下に運動させる事によって、磁石の目に見えない磁力線の部分の磁場に影響を受けて銅線に電流が流れる事を発見した。 そういえば、発電機の原理として、豆電球使った実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電場(電界)

<<電場(電界)>> 静電気などで髪の毛や埃などが吸い寄せられていく力。 もう少し詳しく言うと、 電荷と電荷の間に働く力の影響を受ける場所。 《例》 下敷きを髪の毛で擦ると帯電が起きる。 そして、髪の毛の電子が下敷きに移り下敷きはマイナスに帯電する。 電子が下敷きに移ったので、プラスに帯電した髪の毛は下敷きに引き寄せら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電子殻。

原子のしくみの補足です。 《電子殻とは?》 原子核の周りを廻っている電子が通る軌道のこと。 《どんな構造しているの?》 原子核に近い軌道からK殻、L殻、M殻、N殻と名付けられています。 《それぞれの軌道の特徴》【K殻】 中心を真横にまわるs軌道が1つ。 【L殻】 s軌道が1つ。p軌道が3つ。 【M殻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯電。

《帯電》 よく、例えられるのが、下敷きで頭をこすった時の静電気を取り上げる本が多い。 実際に、そうやって教わっている人も多いのでは? 下敷きをこすると、髪の毛の電子が移ってきてマイナスになります。 そして、下敷きに移った電子の残りがプラスだけになる。 で、それぞれをマイナスに帯電した下敷き。 プラスに帯電した髪の毛。 という言い方をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電荷。

《電荷》 原子は、電子・陽子・中性子でできていることは確認できました。 この3つの中で、電子と陽子だけが電荷を持っています。 質量の割合は、中性子が一番重く。 陽子と、電子の和よりも多い。 よく、正の電荷を持っている(の状態)、負の電荷を持っている(の状態)という表現を見かけたら。 このどちらかの属性を持つということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more