テーマ:星座

これ何座? 11(解答編)

【正解】 (a)けんびきょう座 (b)ぼうえんきょう座 (c)さいだん座 (d)じょうぎ座 (e)コンパス座 (f)みなみのさんかく座 (g)くじゃく座 (h)インディアン座 【解説】 (a)けんびきょう座 1763年にラカイユが設定。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星座の起源。

私達が、普段見ている夜空には、北半球では見ることが難しい南半球の星座を含め、全部で88個あります。 星座の起源は一般的には、古代メソポタミアのカルデア人の羊飼い説が有力視されていますが、それらに否定的な意見も出ている事も事実です。 ここで、その一部の意見を貼っておきます。 (と、思いましたが。長く、複雑になるので、やめます。) ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?10

<ヒント> パフィーの曲を作った人に因んだ別の呼び方がありんす。 答えは、いっかくじゅう座です。 ユニコーンとも呼ばれていて、想像上のいきもの。 冬の大三角形の度真ん中に位置していて、明るい星を持たず、こいぬ座のプロキオン、おおいぬ座のシリウス(全天で一番明るい)、オリオン座のペテルギウスに挟まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?9

久しぶりです。 こぶさたしてます。 これ何座?。 (ヒント) 12月は毎年流星群が見れるそうです。 が、残念ながらピークは終わってしまいました。 答えはふたご座です。 黄道十二星座の一つ。 聖闘士星矢のゴールドセイントでいうならシェミニの・・・、だれだっけ。 ギリシャ神話にでてくる双…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレ何座7(Big Dipper )

おおぐま座北斗七星の斗はひしゃくの斗。 「ほあたぁっ。」 10万年前までは、柄杓(ひしゃく)のかたちだったそうです。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?6

【ヘルクレス座】 ギリシャ神話の中で12回の冒険をやり遂げたヘルクレスをさかさまにした形をしている。 東頭部に位置するα星は「ラス・アルゲティ」といって、〈ひざまづく者の頭〉という意味がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?5

天の川の上にあるこの2つの星座はこれといって目立つ星が無いので、肉眼で確認するのが難しい。 設定者がヘベリウスと書いてあるけどこの時代の人は眼が良かったとしても関連付けるインスピレーションって豊かだったらしいことがうかがえる。。。 や座に関しては愛の神エロスの(キューピッド)の矢を連想させる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?4(夏の大三角形。)

【こと座】 ギリシャ神話でオルフェウスが愛用していた竪琴とされている。 ベガは七夕で注目をあびる星。 【わし座】 ギリシャ神話では、大神ゼウスの使いの鳥として「雷電の矢」を運んだり、下界のニュースをゼウスに伝える役目をはたしていたとされる。 1等星のアルタイルも七夕の牽牛のほうで注目をあびる。 ≪ベガとアルタイルについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?3

A.へビ座です。 <あれ、蛇使い座じゃないの?> と思われるあなた。 慧眼ですね。 これは、右の三角の部分が蛇の頭。 真ん中のたけのこの傾いたようなものに2本線が下に延びた奴が人間。 左のがご想像通り、蛇の尾っぽ。 それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?2

乙女座。 スピカはあえて同じように分からなくしてますが、 左下の3本線の一番下の1番したの短い線の端のやつです。 春から初頭にかけての宵の頃、南の中天に大きく淡い姿。横たえる姿をしている。 アストラエアに関する記述は前回のてんびん座を参照。 ちなみに、画面上の大きい赤い星は『アルクトゥルス』といって、乙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何座?

A. てんびん座です。 黄道12星座のひとつ。 もとはさそり座のつめの部分と見られていたが、後に独立。 正義の女神アストラエアが善悪を裁くために使ったとされる天秤をあらわした星座。 この天秤の持ち主は、西隣りにある乙女座とも言われている。 だから、乙女座を正義の女神アス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more