日本人宇宙飛行士 毛利 衛 (#03)

#03LIFT OFF


 


 NASAでは、シャトルを打ち上げる毎に“STS”というキャピタルレターに数字がつけられます。



 詳しくはJAXAのホームページ。


 日本にとっての初めての宇宙実験、「ふわっと92」。別名、「FMPT(First Material Processing Test)」。


 一緒に搭乗するメンバーは以下の通り。

・船長:ロバート・ギブソン

・パイロット:カーティス・ブラウン

・ミッション・スペシャリスト(実験のバックアップや機材の管理)3名。
      (1)ジェローム・アプト
(2)マー・クリー
      (3)ジャン・デイビス
      (2)と(3)は夫婦。

・ペイロード・スペシャリスト(宇宙で様々な実験を行う。)2名。
      (1)メイ・ジェブソン
(2)毛利 衛


以上、7名。



                
                  




 日本人初の宇宙飛行士 毛利 衛さん含める7人は
1992年9月12日 AM11:23分(日本時間)に打ち上げられました。


                
                  



 一方、地上ではサポートをする人達が沢山います。




 アメリカ中南部マーシャル宇宙センターでは、実験や航行に対して、成功させる為に様々なサポートが準備されている。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


(1)
向井千秋さんと土井隆雄さんがバックアップ・ペイロードスペシャリストとして毛利さん達のサポートをする。

(2)
他に、同センター内には実験支援室が設けられている。
ここは、採用された実験項目を提案した科学者、研究者(PI)達が50人集められおり、そのスタッフなどを含めると200人程の日本人が実験を見守り、支援をする。
(IHI:石川島播磨重工、大阪工業技術研究所など。)




 しかし、実験支援室の科学者からシャトルへ直接指示を出すことはできない。


 では、何かあった場合はどうやってアドバイスするのだろうか?

 
 それについては以降に出てくるトラブルに触れたときに説明します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント