シャルル・メシエ(Charles Messier)

 フランスの天文学者。

・メシエ・カタログを作成し今日にも利用されている。

・ハレー彗星の発見では遅れをとり、それがきっけけで彗星の発見に駆り立てられる。

・1769年のおひつじ座の大彗星発見。

・1770年レクセル彗星発見。

・類15世により「彗星の狩人」の異名を持つ。


(ウィキペディアより)



                
                  



【経歴】

(1)1730年6月26日、ロレーヌ地方にて生まれる。

(2)1817年4月12日、86歳でパリにて没。

(3)1751年、パリの海軍天文台にて星図係になる。
   後に書記を経て観測員になる。

(4)1768年~1817年までアストロノマー。

(5)イギリス王立学会会員

   プロイセン王立アカデミー会員(後のベルリン科学アカデミー)

   ペテルスブルク王立アカデミー会員
 
   フランスアカデミー会員



 「星雲星団カタログ」を作成して、それは「メシエ天体」と呼ばれる。

(Newton 銀河大紀行より。)
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント